【ラストラン】さようなら「シーフレンド1」第二海堡上陸見学クルーズ【最後の東京湾横断】

横須賀ポータルマガジン【公式】

 

猿島航路をはじめ、YOKOSUKA軍港めぐり、観音崎航路、チャータークルーズなどで長年活躍してきたトライアングルの『シーフレンド1』。

猿島航路での就航は1998(平成10)年1月ですが、実は建造されたのは1990年のこと。
つまり・・・今年で34歳!

そしてついに2024年6月、当社船としては引退することになりました。

それを記念して選んだラストランは——第二海堡(かいほう)!
2019年の上陸解禁以来、たくさんの旅を演出してきたシーフレンド1の最後の航海です。

たった1便だけのラストクルーズを、じっくりお楽しみください。


●INDEX

■「シーフレンド1(SF1)」はどんな船?
■「シーフレンド1(SF1)」のあゆみ
■「シーフレンド1」ラストラン 第二海堡上陸見学クルーズ について
■ツアーご参加にあたっての注意事項
■ご予約はこちら


■「シーフレンド1(SF1)」はどんな船?

 

初期の「YOKOSUKA軍港めぐり」をはじめ、「猿島航路」「第二海堡航路」などで活躍しました。
以前に猿島へ行ったことがある方は、この船に乗った記憶がある方が多いかもしれませんね!

この船の特徴は、なんといっても2階前方の〝パノラマビューシート〟!
風を浴びながらドーンと広がる前面展望を楽しめる2列、合計14席のエリアで、真っ先に埋まっていく特等席でもありました。
ちょっとした〝バブル〟チックな1階内装もなかなか良い味を出していました。

この船は、観音崎航路や各種チャータークルーズでも大活躍。
かなり使い勝手が良い船として、縦横無尽に走り回った日々でした。

 

▲INDEXに戻る


■「シーフレンド1(SF1)」のあゆみ

 

あちこちのクルーズで大活躍した「シーフレンド1」ですが、実は現在の「YOKOSUKA軍港めぐり」の原型となった企画クルーズ〝横須賀軍港めぐり〟(←当時の名称)で最初に軍港エリアを走った記念すべき船です。

この企画クルーズは当時ゴールデンウィークと夏休みに限定で実施されていましたが、それが定期航路化したのが2008年のこと。
新たにスタートした「YOKOSUKA軍港めぐり」の主役は「シーフレンド5」(2016年、現在の「シーフレンド7」就航にともない引退)になりましたが、ドック入りした時のピンチヒッターなどで、汐入桟橋でもおなじみでした。

その後、活躍の場は主として三笠桟橋へ。
ここでも、後輩にあたる「シーフレンドZero」や「シーフレンド8」とともにたくさんのお客様を運びました。

そして2024年4月17日——
「NEW KUROFUNE」の就航により、引退が決定。

「シーフレンド1」は、さまざまな航路を地道に支えた、まさに〝偉大なる脇役〟とも言える貴重な存在だったのです。

 

▲INDEXに戻る


■「シーフレンド1」ラストラン 第二海堡上陸見学クルーズ について

 

ついに当社航路から引退する「シーフレンド1」。
その最後の最後となるクルーズの目的地は、東京湾のド真ん中に浮かぶ不思議な人工島・第二海堡(だいにかいほう)を選びました。

2019年の上陸解禁以来、「シーフレンドZero」とともに多くのツアーを実施した思い出の航路で、スペシャルなラストランツアーを行います。

●実施日:2024年6月22日(土) ※欠航の場合、代替日はありません

●行程
12:45    三笠ターミナル集合
13:00   三笠桟橋発
13:30   第二海堡ガイドツアー(ガイドの案内で貴重な遺構をめぐります)
14:40   第二海堡発
15:10    三笠桟橋着(シーフレンド1の撮影タイムあり)、自由解散

●料金: 大人 5,000円、小学生2,500円

●特典:「シーフレンド1」のすべてをマニアック目線でまとめた記念小冊子「ありがとうSea Friend 1」(32P)プレゼント

▲INDEXに戻る


■ツアーご参加にあたっての注意事項

※※本ツアーにご参加する際は必ず下記をご確認ください。※※

第二海堡には文化財や各種施設・設備があり、なおかつ未整備の場所が多くあります。
その ため、国の指導によりツアーには下記のさまざまな注意・禁止事項等があります。
下記注意 事項(1)〜(13)をお読みいただき、すべて承諾いただけた方のみ、ツアーに参加いただ けます。

(1)第二海堡に上陸するために、事前に関係機関(国土交通省・海上保安庁)へ上陸者名簿を提出する必要があります。
お手数ではございますが、参加者全員分のお名前を予約完了後、【046-825-7144(9:00〜17:00)】までご連絡ください。

(2)ツアーにご参加される方は、「第二海堡上陸ツーリズム推進協議会」への誓約書を提出いただきます。
こちらから「誓約書」をダウンローいただき、乗船される方1人1枚ずつ、記入日、ご住所、お名前をご記入いただき、当日必ずお持ちください。
誓約書のご提出がない方はツアーにご参加いただけません。なお小学生の方のみ、保護者の代筆が可能です。

(3)乗船時間は往復で約1時間です。浦賀水道航路等を通るため、途中大きく揺れることもあります。そのため、船酔いが激しい方の参加はご遠慮ください。また、適宜酔い止め薬などの準備をお願いいたします。

(4)船内や島内で下記記載の禁止事項を行った場合、また船長、乗務員や案内人の指示に従わない方がいた場合は直ちにツアーを中止し、相応の損害賠償請求をいたします。

(5)第二海堡は観光向けの整備がされておらず、地盤崩落や陥没等が発生する可能性があります。
また、必ず足の覆われた歩きやすい靴および服装でご参加ください。ハイヒールやビーチサンダル等、スタッフが不適当と判断した場合は上陸をお断りしますのでご注意ください。

(6)島内にはトイレや水道等の衛生設備がありません。船には1か所トイレがございます。

(7)島内での自由行動はできません。グループごとに案内人が引率しての見学となりますので、案内人の指示・誘導に従ってください。

(8)島内において、ドローンを飛ばして撮影することはできません。

(9)雨天の場合は、第二海堡で傘の使用ができます。ただし船の上は使用禁止のためできる限り雨カッパのご用意をおすすめします。

(10)第二海堡への上陸時、転倒防止のため上下船の際には両手を自由に出来る状態にしてください。

(11)島内は見学用の通路が整備されていません。急な坂や突起物、ぬかるみ、足場の悪い箇所が数多くあります。
本ツアーは「自力又は補助者が付いて安全に歩行が可能である方」と定めていますが、参加者がすべてのコースを回るためには、
介助なしで1時間以上歩行できることを目安としていただき、杖をついての歩行、介助が必要な方等は安全のため、ガイドがすべてのコースを回ることができないと判断した場合においては、ツアーの途中であっても船内もしくは安全な場所で待機していただくことがありますので、あらかじめご了承ください。

(12)島内は足場が悪く、突起物や汚れた箇所が多数存在します。また急に天候が悪化する場合もあります。
そのため、汚れても良い履物、汚れても良い服装でご参加ください。

(13)波の動揺、その他の状況によって船が揺れる場合がありますので、足下に十分にご注意ください。
もし、乗船できた場合においても、第二海堡に上陸することが危険と判断される場合は、上陸せずに船内でお待ちいただくこととなります。


■注意事項
・荒天等で中止の場合は、前日15:00頃にご予約いただいたメールアドレスへご連絡いたします。
・第二海堡は海象に大きく左右されるため、本ツアーの催行率は60〜70%です。
・ツアー代金は当日、三笠ターミナルにてお支払いください。
(予約サイトには「現金のみ」と記載がありますが、現金、電子マネー、クレジットカード、QRコード決済等をご利用いただけます。)
・小学生単独でのご参加はいただけません。保護者の方の同伴が必要となります。
・幼児、乳児はご参加いただけません。

▲INDEXに戻る


■ご予約はこちら

下記リンクからご予約ページへお進みください。
※ご予約はインターネット限定となります。お電話等でのご予約はできません。
※ご好評につき満員となりました(5/27更新)

▲INDEXに戻る


本ツアーは、トライアングルが企画・募集し実施する旅行です。
ご旅行条件は、下記条件のほか、コースごとに記載されている条件、確定書面(旅のしおり)および当社旅行業約款(募集型企画旅行契約の部)によります。
いずれの定めにもない事項については、法令または一般に確立された慣習によります。

■旅行企画・実施
登録番号:神奈川県知事登録旅行業第3-1016号
会社名:株式会社トライアングル
住所:横須賀市小川町27-16
電話番号:046-825-7144
E-mail:info@tryangle-web.co.jp
国内旅行業務取扱管理者:岩澤 博文

●募集型企画旅行取扱条件説明書面についてはこちら
●旅行業約款についてはこちら


 

この記事を書いた人

横須賀&三浦半島の情報をお届けします!

横須賀ポータルマガジン【公式】

都心からたった1時間で、そこは非日常の雰囲気!
横須賀・三浦半島の定番スポットからディープな情報まで、ジモト目線でお届けしています。

無人島・猿島
横須賀観光
第二海堡