いま話題!【LEGO®を使って!】街づくりワークショップ~参加者募集

横須賀ポータルマガジン【公式】

来週開幕の「MEGURU Project 2022」では、ワカモノたちが〝街の昔と未来を考える〟ワークショップを開催!
テーマはもちろん、U・R・A・G・A!

「模型」と「LEGO®」ちょっと変わったアイテムを使って街をまるごと考えてみる、初のワークショップに参加する小中高校生を募集しています。

「昔の浦賀とはどんな街だった?」を考える初回は11月20日(日)午前中。
そして「未来のURAGAの街を自由に発想」する2回目は12月3日(土)午前中に開催します!

 


★DAY1のようすはページ下部で!


■DAY2 超自由な発想で〝未来のURAGA〟を大胆予測!?

2日目(12月3日)に登場するのは、LEGO®。
誰もが知っているこのブロックは、自由な発想をカタチにできる魔法のアイテム!

「活気あふれる浦賀の街とは?」「浦賀の街の人々が楽しめることは?」などの多様なテーマごとに、自由に発想を膨らませてLEGO®︎ブロックを組み立て、それをもとにして話題を展開します。

<↑これは「猿島」をテーマにしたワークショップ開催時の様子。口頭で想いを語るのは言う方も見る方も散漫になりますがが、想いを込めた造形物を前にすると、高校生・大学生はきちんと道筋を付けながら想いを口に出すことができたようでした>

さまざまな想像力を働かせながら問題解決を促進するLEGO®︎SERIOUS PLAY®︎メソッドは、最近は入学試験や企業研修にも数多く登場して何かと話題です。

このメソッドと教材を活用し、思い思いに浦賀の街の未来を考えていきます!

〝浦賀〟というテーマで、「歴史」「街づくり」「未来」「フィールドワーク」「LEGO🄬」「自由な発想」など、予測不能なさまざまな展開が考えられる初のワークショップ。

参加は小中高校生ですが、見学はオトナの皆さま大歓迎!
ぜひいろいろな視点で、浦賀の街を考えてみませんか?


■応募要領

●開催日
<2回目>12月3日(土)

●時間 各日9:30~12:30

●場所 浦賀レンガドック活用センター(浦賀ドック敷地内の敷地脇)

●応募資格
小学5年生~大学生 ※参加資格が広がりました
・居住地域は問いません
・原則として雨天決行です。荒天時、中止の場合は前日夕方にご連絡します(中止時は原則延期なし)。

●募集人数 最大20名程度

●応募
・締め切りは<2回目>12月2日(金)です。 ※当日飛び込み参加もOKです!
・応募はこちら→meguru@tryangle-web.co.jp
・件名に「浦賀ワークショップ参加希望」と入れてください。
・本文には「氏名・年齢(学年)・学校名・住所・連絡先メールアドレスまたは(携帯等)電話番号」を明記してください。
・記載していただいた個人情報は、本企画応募の用途以外には使用しません。
・小学生は、保護者の方による代理での送信でご応募ください。その際、保護者の方の氏名もご記載ください。
・応募者多数の場合は抽選となる場合があります。
・応募いただいた方には株式会社トライアングルから詳細をメールでお送りいたします。tryangle-web.co.jpからのメールを受信できるように設定をお願いいたします。


●DAY1のようすはこちら↓

■DAY1 激レア〝模型〟を並べて、幕末の街を再現&実際に歩いてみるフィールドワーク!

1日目(11月20日)は、かつて浦賀行政センター分館に展示してあった模型が主役。

この模型、実は故・村上太さんという方が精魂込めて一つひとつ丁寧に作り上げたものなのです。
およそ150年前の浦賀はいったいどんな街並みだったのか?を1/60で精巧に再現してあります。
その大きさ、実に幅1m、長さ4mほどという超大作!

ところがこの模型は、その大きさから展示するスペースの都合により、やむなくお蔵入りになっていました。
それを、このワークショップで完全再現しました!

民家、商店、宿・・・幕末の賑やかだった頃の浦賀の街の様子を想像しながら、200以上ある建物の模型を大きなジオラマの上に並べていきました。

 

そして模型が完成したら、いざ街へ!
実際に現在の浦賀を歩いて、模型で再現した150年前の街とどう違っていて、どこが残っているのか?を実際に見て調べると・・・驚きと発見がたくさん!

昔が見えれば〝今〟が分かる──
それを実感するスペシャルなワークショップになりました!


■主催 株式会社トライアングル
■協力 浦賀行政センター タウンニュース

この記事を書いた人

横須賀&三浦半島の情報をお届けします!

横須賀ポータルマガジン【公式】

都心からたった1時間で、そこは非日常の雰囲気!
横須賀・三浦半島の定番スポットからディープな情報まで、ジモト目線でお届けしています。

MEGURU Project 2022
お知らせ